オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

確定申告ツアーレポート

やっと確定申告に行ってきました!

①市役所でオイラ個人分の県・市民税の申告。
今まで「このジジババ達はここで何してるんやろ?」と思ってた場所に
オイラが整理券握りしめて座っているなんて、なんとも不思議な気分やった。。。。

オイラ税務署に所得税申告してないんで、「申告に来てくださいな」と案内が届いたのだ。
一応申告書は書いたが、各控除額を引くと単純計算でも所得割がマイナスになるのでアバウトに書いたのだが、担当者氏は真面目且つ、丁寧に計算してくれた。
担当者氏:「保険料とかの領収書とかありますか?」
無かったけど、銀行通帳の引き落とし履歴を見せたらOKだったよ。
昨年は「あっ、マイナスですねぇ。後は細かいのはいいですよぉ」、で済んだのに(笑)

因みにオイラの給料は源泉所得税が掛からない低賃金なのだ。
かくして、今年も所得割税は免除された(^0^)ゞ


②隣の窓口で法人市民税の納付。ここは全く混雑は無かった。
オイラの会社は資本金1千万以下なので均等割りの5万円で申告書を書いて行ったら、
今年は市町村合併の都合で49900円だった。
「税金払いに来ました!」と告げたら「ありがとうございます」と腰が低いのが好印象だった。
こういう風に対応されるとお互いに気持ちいいやね(^-^)


③いよいよ税務署(国税局)。確定申告時期なので駐車場では警備員が整理に忙しそうだった。
玄関には案内の職員が来客1人1人に声を掛けて案内してくれた。
オイラが案内されたのは3階の法人税課だった。

オイラ:「確定申告書を持ってました」
職員 :「書いてあるのですか?」
オイラ:「はい!?」
職員 :「提出は2階の総務課なのですが、ここではチェックしかできませんが・・」
オイラ:「じゃ、折角なのでお願いします。」
と、チェック&書類を綴って貰い、署名押印して総務課へ向った。
パラパラと書類を見て「受付印は要りますか?、じゃお預かりします」で終了!(あっけなー)

以前に税務署を訪れたときに、昔の同僚だった女性が受付にいたので今年も期待していたのだが居なかった。。。ちょっと残念だった。(税務署OBの娘さん)

④最期は県税事務所。
あれっ?なんかこじんまりした感じ!?
県民法人税申告書を提出して、2万円を支払った。

職員 :「受付印は要りますか?
オイラ:「お願いします」
職員 :「実は、統廃合によりここではハンコが押せなくなったんです。本所へ送るので切手代80円が掛かるのですが。。。」結局、領収書に受領印を貰って良しとした。
去年はあんなに賑やかだった事務所だったのに、、、
統廃合は結構なことやけど、バイトとかパートの職員達はどうなったんやろ?
と、ちょっと複雑な気持ちを感じた。。。。


===== あとがき =====

オイラは、親父がつくって畳んだ欠損付きの会社をロハで引き継いだ。

「なんで新しい会社に欠損(マイナス)を付けるのか理解できない」と、よく言われたが、
「親父の会社を長男が継いでどこが可笑しい!?」と一蹴した!(これ拘り)

デメリットは金融関係に信用は無いが、
そんなもん、借金さえ申し込まなけりゃ全く関係ない!
仮に資金調達が必要になっても前年比プラスにしとけばOKや。

メリットは事業税払わなくて済む!
今年からは商法改正で欠損繰越期間が更に延びるそうやな(笑)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-17 20:34 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(0)

見積り、相談無料!

若い女性の声で深刻そうな電話が掛かって来た。

県外の探偵事務所に調査依頼して高額な料金を払ったのに、
「全く報告が来ない、騙されたんでしょうか?」との相談だった。
「タウンページに大きく広告があったので信用したのに、、、」と、

その会社自体には連絡は取れるが、担当者不在を理由に取り合ってくれないらしい。
で、オイラに何をしろというのやろ??

結局、消費生活センターと警察に相談することを勧めたら、
元気そうな声でお礼を言われて電話は切れた。

この手の悩み相談はたまにあるが、売上になったことは未だに無い(^^;;
一応営業品目にもあるのだが、【見積り・相談無料!】を謳っているんでしょうがないか(笑)


午後の依頼は、プチ引越だっだ。。

レンタル倉庫の契約期限が迫ってたのにモタモタしてたら当日になってニッチもサッチも
いかなくなったらしい。
かといって、当日に頼まれてはオイラも困るよ・・・・トラックや人員手配の都合もあるしな。
結局、オイラ1人とバネット君だけで出向いた。お客様に手伝ってもらうしかないのだ(^^;;

ワゴン車で3往復、仮の移動先はマンションの2階だが思ったより早く作業は済んだ。
実は前回の引越もオイラが請けたんで勝手は熟知してたのだ(笑)

しっかし階段の昇り降りは久々の重労働やったな、お尻の筋肉が早速痛くなってきたよ。
て、身体が若返ったんやろか?(笑)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-16 19:27 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(0)

GEO BB

先週、電話勧誘で申し込んだレンタルチューナーが届いた!

おお、なんとも便利な!こりゃ楽しい!
ADSL回線を使ってレンタルビデオがリモコンひとつでテレビで楽しめます。
これで毎月500円なら大満足です(^-^)

ボロ家に似合わんハイテク装備ですわ(笑)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-15 22:35 | ふつうの日記 | Trackback | Comments(0)

ドツボ!

夕方、馴染のレストランの席に腰を埋め、
生ビールを注文しようとした矢先に携帯電話が鳴った。

「錠前からカギが抜けなくなった」と、トイレ詰りに次ぐ緊急事態にやむなく宴会を中止して現場に向った(涙)

どうやら寿命というか壊れていたんで、近くのホームセンターで汎用品を買ってきた。
e0091220_22594391.jpg

どうも汎用品には信頼度が持てない。(ボルトオンした試しがない)
格闘1時間、仮止めしたネジが外れん・・・やがてネジ山もコケた。
自慢の特殊工具でもお手上げ。。。。。

製品不良と決め付け購入店へ返品交換に向ったら、営業時間過ぎてた((+_+))

しかし、いくら治安の良い田舎町だって玄関錠前を外しっ放しじゃ具合が悪いんで
元の錠前を付け直して明日また出直すことになった。。。。
1時間でも交換できなかったのが、元とおり復旧3分!?
やっぱ正規品には正規品スな。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、また正規料金請求できないよぉ(涙)

(※画像はイメージで、本文とは関係ありません)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-14 23:33 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(0)

バレンタインデー

ヤフオクで落札したソフトのお陰で、なんなく確定申告書類もできた!
会計と税務の違いについて、いい勉強になったよ。
合うわけないのよ、だって税務署だって「計算合わなくっていんです」て、言ってるしな(笑)
アメリカじゃ二通り作成するらしいが、日本には日本のルールがあるみたいやね。
よう分からんけど(^^;;

e0091220_2273745.jpg
今年もバレンタインデーのチョコを貰えた。
お陰で今年も男のプライドが保たれて嬉しかった。

カエルは【帰る】=【無事に帰る】という意味で、オイラが大好きなアイテムなのだ。

特に危険を伴う「アフリカツイン」には、天然記念物の屋久杉で造ったカエル像が
鎮座している。
また、フクロウも【不苦労】という意味で営業車に鎮座している。当然、招き猫もね。

上手く言葉に出来ないけど、「ありがとう!」
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-14 22:53 | ふつうの日記 | Trackback | Comments(0)
e0091220_22381657.jpg
昨年から2度にも及ぶ撃退作戦に耐えた鳩ショッカーの諸君、
どうやら替えの住家が見つからず意地でも居座るつもりらしい。

しかし、わずか3cmの足場に追加設置したバリーケードにも
無理な姿勢で踏ん張る姿は敵ながら見事である。

しかぁーし、要介護の老婦人を脅かす所業は断じて許せん!!


e0091220_22473732.jpg

かくして、3度目の攻防作戦を決行した。

先ずは前回とおり、高圧洗浄機でウンコを蹴散らし足場を確保。
そして、前回の「ウンコ雫攻撃」の教訓から「ブロアー」を用意した。

説明しよう!
【ブロアー】とは、台風並みの瞬間風速で粉塵等を蹴散らす電動工具のことである。
これを使ってあらゆる場所の水分を吹き飛ばすのだ!
余談だが、エアコン洗浄には必須アイテムだ。

かくして、以前より堅牢な防御網が完成した。
が、最初から安全マージンとって広範囲に施工しとけば良かったのにと反省した。
で、今回も高圧洗浄の別料金は請求できんかった(笑)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-13 23:34 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(2)

好転

リンクからリンク、更にリンクをマメにチェックしていったら・・・・・
「目からウロコ」、というよりは長年喉につっかえてた小骨が取れた感じ。

早速、地元の専門家に即アポ!即面談!即契約!
でも、内容は秘密。。。。(笑)
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-13 22:32 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

氷点下キャンプ!

オイラは今回参加できませんでしたが、
兄弟達の熱いキャンプレポートです!
minoguzzi: 第三回笠置氷点下キャンプ会無事終了
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-13 21:29 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

引越手伝い

e0091220_1810940.jpg
市外からレンタカーを借りて引越最中のお客様からのヘルプコールだった。

エレベーターの無い4階建てマンション。
さすがに冷蔵庫と洗濯機は1人じゃ無理!と、
困り果ててNTTの104に問い合わせたらオイラのとこに指名が入った。

この手の依頼は結構多いのだ。
引越業者に頼まず、乗用車で何往復もして荷物を運んで、
「大物だけお願い!」といった依頼ケースが多い。
宅急便業者に問い合わせたら、「便利屋に頼んだほうが安いですよ」と紹介されるケースもある(笑)

余談だが、便利屋とは無資格・無認可が殆どなので、
堂々と「引越やります!」とは宣伝しない。
あくまでも【引越の手伝い】が謳い文句なのだ。
運搬中の荷物の賠償責任保険は緑ナンバー業者にしか加入できないので、
わざわざ貨物運送許可を取る便利屋もいるが、これでは引越業者に睨まれてしまう。

オイラの場合は【クロネコヤマト引越便】と友好関係を持っているので、
大掛かりな引越にはクロネコを紹介して、クロネコからは苦手な仕事を引き受ける。
しかし、都心部などでは自社施工で便利屋的なサービスを展開しているので、
いずれ便利屋業界や清掃業界を脅かす存在になるだろう。。。。
敵に廻すと脅威だが、味方に付けると正に鬼に金棒である。


引越し手伝いで忘れられない物語があった。
2年前、高岡市に住む義母を引越させるために、大阪からレンタカーのトラックを運転してきた30代の男性から積み込みの手伝いを依頼された。(ヤフー電話帳で調べたそうだ)
「私は身体がちょっと弱いので、二人位で来てもらえますか?」と、

当時は近隣のチェーン加盟店に応援を頼んでいたので、その店の者と現場へ向った。
依頼者からは、「費用のことは絶対に義母には言わないでください」と頼まれた。
義母からは、「息子(婿)は、病院を抜け出してまで来てくれたんです。
末期のガンなので、もう大阪まで帰る体力も残ってないハズです、どうか負担を掛けないでやってください!」と涙ながらに懇願された。

オイラも涙目になったよ。
連れにコッソリ事情を説明して「テキパキとやってください」と指示をだした!
しかし、このツレは時間稼ぎで料金を踏んだくろうと思ってるようにしか見えなかった。。。。
ツレ:「もう積めない」
オイラ:「屋根キャリアがあるやろ」
ツレ:「ロープの縛り方がわからない」
オイラ:「お前研修センターで眠むっとったんか!?」

これを機会に、人材派遣のグッドウィル社と契約して人員の心配は無くなり、
このチェーン加盟店に対して【宣戦布告】した!

今でも何も困っていない、もっと心強い仲間達が支えてくれているからだ!
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-11 19:22 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(0)

B型的な話

毎日、人間にはドラマがある。

今日はこのネタにしようか、あのネタにしようかと、
このブログネタを考えるだけでとても楽しい。
この機会を与えてくれたNさんに改めて感謝の念を送りたい。

「犬も歩けば棒にあたる」の、ことわざのごとく、なにかしらコミニュケーションにあたる。
寝ている間にメールも入るし、起きていてば電話の1本も入るし、
出かければ「こんにちは!」と挨拶を交わす。

実はオイラ、昔から人と歩調を合わせるのが大嫌いだった。
小学生の頃、持ち物とかで男の子は青色で女の子は赤色という通念に馴染めなかった。
「オイラは赤が好きなんだよ!」 クラスで1人だけ浮いた。
皆がそうしているから、というのが今でも一番嫌いや!

中学生の頃には、目立つ仲間と遊んだ。
高校生になっても個性的な仲間と遊んだ。
社会人になると、進んで年上の人と付き合うようになった。

しかし、社会に出ると敵も増えた。
オイラの事を理解してくれない人が多かった、結構苦しんだ。
でも、理解してくれるマイノリティな仲間もいた。

【敵を1人つくったら、味方を100人つくる!】がオイラの持論だ。
逆にいうと、仲間1人が困ったら味方100人を援軍に送る!
無論、自分が先頭を切る。

一匹狼だって帰る巣は必ずあるよ。
1人じゃ何も出来ないよ。
[PR]
# by ryushi7777 | 2006-02-11 01:34 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(3)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777