オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

タグ:昔の話 ( 84 ) タグの人気記事

高校生の頃、喫茶店とかのバイトに憧れたころがあった。
なんとなく水商売って大人っぽくて格好いいと思ったからだ。

片っ端から「バイトいりませんか?」と電話を掛け捲ったことがあるが、
面接でことごとく断られた。。。。
当時は世の中を舐めきったような風体で、サービス業に着くにはいささか無理があったのだ(爆)

しかし、悪友の紹介で2日間だけ結婚式場のバイトにありつくことができた。
オイラに与えられた仕事は厨房で【尾頭付きの鯛】の下準備だった・・・
生魚が苦手なオイラには非常にキツイ仕事だった。おまけに量もハンパじゃない!!
また、板前さんとかの世界では上下関係がとても厳しく、
口答えでもしようものなら遠慮なく皿やら包丁が空を飛んできたが、
賄いの食事時は楽しかったなぁ。
※当時このバイト紹介してくれた悪友は、現在某ホテルで総料理長として活躍している。

その後も、「結婚式場の○○でバイトしたことあります」という経歴で
今度は中華料理店でのバイトにありついた。
専ら皿洗いだったが、この経験が後に役立つことに・・・・
※このバイトを紹介してくれた悪友もプロの料理人として活躍してるらしい。

続く。
[PR]
by ryushi7777 | 2005-12-11 15:30 | いろんな仕事 | Trackback | Comments(0)
先日、とあるお客様宅で電気コンセントの修理をしていたら、
「ホントに器用やね、どこで覚えたが?」と質問された。

普段は「東京の便利屋研修センターでみっちりと習ってきたんですよ」と答えているが、
思いつきでオイラの職歴について語りたい。
無論、便利屋研修が確固としているのは言うまでもない(感謝)

初めてアルバイトをしたのは高校1年生の時だった。
悪友から誘われて、石油ストーブの清掃仕事をやってみた。

公立の小学校・中学校で使うストーブを夏休み中にメンテする作業だった、
ここの親方はMさんといって、思春期のオイラ達には色んな面で師匠的な存在だった。
Mさんとこの電話番号が【○○ー9696】だったので、
アデランスから「電話番号を売ってください」と、よく交渉された話を今でもよく覚えている(笑)

でも、1台20kg近くある石油ストーブを毎日数10台持ち上げての作業はとても堪えた。
結局、腰をやられて僅か1シーズンでリタイヤした・・・
腰痛は高校卒業後までオイラを苦しめた。。。

続く・・・・
[PR]
by ryushi7777 | 2005-12-02 20:39 | いろんな仕事 | Trackback | Comments(0)

オイラのアルコール物語

タイトルは、オイラの大好きなサザンの名曲「チャコの海岸物語」をヒネってみた。

酒を旨いと思ったのは高校生の頃だったと思う。
両親も酒好きだったので、我が家にはビール・日本酒・ウイスキーは常備されていたのである。
夏場辺りには学校から帰ってくるなり、冷えた缶ビールをグイっと飲み干してからアルバイトに出掛けるのが日課だった。。。

オイラは某工業高校の化学科だった。大好きだった担任の先生から常々、
「いいかーオマエら、メチルアルコールは【目散る】と覚えろ!エチルは飲んでいいぞー
お湯割にしてグリセリンを混ぜて飲むと旨いぞー!エチルだぞ!絶対に間違えるなー!」

その後、化学実習室から大量のエチルアルコールとグリセリンが無くなった話はオフレコだ(笑)
(この尊敬する先生は、現在も某県立高校の校長として活躍なさっている)

あら、思い出話に花が咲いてしまったよ(^^;;

オイラの好みは基本的にビールだな、やっぱ。
腹が膨れるとウイスキー(モルト系)にシフト。

しかし、発泡酒ブームからはアサヒの青ラベルを愛飲。
ウイスキーは角瓶がお気に入りだった。
でも最近は韓国焼酎がお気に入り!4リッターペットボトルを買えば値段をきにすることなく1週間は楽しめるのだ。

逆に苦手なのは、日本酒・ブランデー・リキュール・バーボン・ワイン。
要は甘たっるいのが苦手なのだ。

と、今宵も韓国焼酎と、富山の美味しい水道水割でご満悦のオイラでした(^0^)ゞ
[PR]
by ryushi7777 | 2005-11-02 21:26 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(2)

やっぱ暗いのイヤ

ランタンのレス打ってたら思い出したよ。
オイラがまだ10代の時、バイク仲間数人と深夜徘徊してたとき急に連れが「クソしたい・・」と訴えた。
コンビニなんて全く存在しない頃の話だ。

で、最寄のJR伏木駅に駆け込んだ。
深夜だったので駅は真っ暗で、オマケにトイレも汲み取り式だった。
普段はブイブイいわせる気丈な連れも「真っ暗じゃ怖いよー!落ちたらやだよー」と訴えた。

そこでオイラは公衆便所の中にバイクを入れてライトで照らしてあげた。
「ドドドドドドドドッ」と排気音が便所にコダマする。
そしたら背後から幻想的な赤い照明が点滅し始めた??

パトカーでした。。。。
オイラは事情を説明した。「おまわりさんかてこんな暗いとこでウンコすんのイヤやろ?」
おまわりさん:「そうやなー、じゃ早く済まして帰れよ」とお咎めなし(笑)

スッキリした一行は、また深夜の町を暴走した。。。。


そういえば、この頃はよくパトカーの後部座席に座らせてもらったっけ(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-24 22:47 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777