オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

タグ:建築美装 ( 243 ) タグの人気記事

このシリーズネタも第4弾目まで続くとは、元来飽きっぽいオイラも我ながら感心である(笑)
では、其の4はC工事編。 平成20年10月中旬 プレオープン直前!
e0091220_10292244.jpg
イオン本体のクリーニングも無事(なんとか)完了したところで、
今度はテナント工事の番である。

実は工事中、密かに営業を掛けてたんである(^^;;

以前からお付き合いのあった店装屋さんが入ってたので、
数店舗の引渡しクリーニングを任せて頂きました。

オイラ、飽きっぽい性格のくせに、
こういう細かい神経使う仕事が好きなんである。
ハウスクリーニング屋に多い傾向やろか?(笑)

写真奥に写ってるのが、
手動式高所作業車【アップスター】


e0091220_1044495.jpg




写真右側にチラッと写ってるのが、
移動式足場の【立ち馬】


e0091220_10442494.jpg
ここのお店のクリーニングしたとき、
テーブルを置いたままワックス掛けしたんですが、
後からレイアウト変更で移動したときにそれがバレました。

で、店長さんからすっごく叱られました。(シクシク)

おまけにワックスの密着不良を発見してしまい、
結局、3層もワックス掛けてきましたわ。(シクシク)


e0091220_10553952.jpg



ここの現場は大変でしたわ。

黒っぽい内装って、拭いても拭いても
すぐにホコリで真っ白になっちゃうんです。(T-T)


e0091220_11165560.jpg

クリーニングが済んだお店から順次引渡しとなり、
大量の商品が搬入・陳列されていった。

プレオープンに向けて、もの凄い人数の関係者が集まり、
店内は若い女性のフェロモンで充満された。

あー、たまりまへんなあぁーーー(^^;;


※写真に写ってるジョーロにはワックスが入ってます。


つづく
[PR]
by ryushi7777 | 2009-05-14 11:39 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)
平成20年9月末頃にもなると毎日行われる職長ミーティングでも、
「今日で全ての作業完了です。長い間ありがとうございました!」と、少し寂しい光景も見始められた。

e0091220_23102554.jpg
毎日500~600人の職人で賑わっていた現場も
一瞬静まりかけたと思ったら、
今度はテナント工事の店装屋さん1000人入場で賑わう。

マジで1000人ですよ!それも毎日。
よくもまぁ、これだけの人数を揃えられるもんやと
本当に感心したよ。

駐車場を埋め尽くす商用車も日本中のナンバーが揃う。

現場では、店装屋さんってひと目で分かるのよね。
何でかっていうと、芸術家風というか建築設計士風というか、
とにかく個性的でお洒落な人が多いのよね。

若い女の子とかも結構いて、
ムサかった現場も随分華やかになってきた。



e0091220_23331059.jpg
内装工事もほぼ仕上がってくると、
ヘルメットと安全帯着用の義務が解除される。

仕上げ材にキズを付けないための対処だが、
これはあくまでも平地での作業者限定で、
相変わらず60cm以上の脚立使用は禁止である。
スーパーゼネコンの安全監理は格段に厳しいのだ。

高さ60cm以上の作業は、【立ち馬】と呼ばれる
4本足の軽足場又は高所作業車の使用となり
当然ヘルメットと安全帯は着用である。

手直しなどで高所作業を使う場合には、
当然床が仕上がってるんで、コンパネで床養生しながらの
大掛かりな作業になってしまう。

で、床を養生するのが大変なんで、
【アップスター】と呼ばれる手動式高所作業車が
追加で導入されたが、これも皆で取り合いになる(笑)

やっとの思いで抑えたアップスターには、
段ボール板に大きく会社名書いてキープしとくのだが、
それでも目を離したスキに取っていかれることもあった(笑)


e0091220_23593323.jpg
この頃にはクリーニングのほうも追い込みが掛かり、
3工区に分かれてた職人達も混成チームになり、協力しあった。

ゼネコン所長の気まぐれか知らんが、

最初は、「サッシは養生取るだけでいいぞ」
次には「やっぱサッシもクリーニングしといてや」
仕舞にゃ、「やっぱガラスもクリーニングしといて」

なんて結局は一通りやることになり、
このおかげで足場に苦労するハメになったわ(^^;;


現場のすぐ隣には、イオンのオープンを追いかけるように、
家電量販店Y電気の新築工事が急ピッチで進んでいた。

続く
[PR]
by ryushi7777 | 2009-05-12 00:31 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)
イオンショッピングセンターの現場で、防垂れガラスクリーニングだけで軽く半月以上が掛かり、
足場をぶつけて2回ほど割っちゃいました(^^;;
e0091220_23582878.jpg
誤って仕上げ材を壊したり場合には
正直に報告したほうが無難です。

流石に2回目は、
「またかよ」って苦笑いされましたがね(^^;;

でも、正直に話したからって
お咎め無しということはありません。

後から莫大な請求書が届きました・・・
ま、保険で賄ったけどね。

他の現場でその業者さんとバッタリ出合ったりして、
「いやー、その節はどうも」、なんて
またお互いに仕事がやりやすくなったりするのよね(笑)



e0091220_0154482.jpg
この現場でオイラのチームは、
1から10までクリーニングした訳ではありません。

これもA工事・B工事・C工事・直営工事とあって、
監理が縦割りに分かれます。

A工事:ゼネコンの本体建築工事で、
オイラはここに属してました。

B工事:トイレ、空調などの設備工事
よって、トイレの壁とか鏡はクリーニングするけど、
便器とかは管轄外といった感じです。

C工事:テナントの内装工事
これも境界線の見切りがはっきりあって、
通路はやるけど中は関係無いよって感じです。

直営工事:施主であるイオンの管轄
今回のクリーニングに関しては、
床から上がオイラの担当で、
床のワックス掛けとかはイオン直営の掃除屋さんが塗ってました。
ま、実際に作業すんのは下請けと孫請け業者さんなんだけどね。



e0091220_0363145.jpg

今回はタイルクリーニングについても別でした。
タイルはタイル屋さんがクリーニング。(画像通路はタイル貼)

こういうのをシッカリと打ち合わせしとかないと、
無料奉仕の仕事することになるのよ。

でもね、やっぱり汚れが気になって
ついつい手を出しちゃう時もある。

「施主が喜ぶやろ」ってね(笑)

他には監督に泣きつかれてやることもある。
そういうときには嫌な顔をせずにやってしまう。

「またいいことあるやろ!」ってね(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2009-05-11 01:02 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)
いままであんまり投稿してこなかった新築物件ネタだったが、
撮り溜めた写真整理も兼ねて、建築現場で働く掃除屋の存在を記録しておくためにも書き留めたいと思う。

e0091220_327375.jpg
石川県かほく市のイオ○ショッピングセンター新築工事現場。
施工はスーパーゼネコンの鹿○建設。

有名ところやから固有名詞だしても問題ないとは思うんやけど、
一応伏字にしときますわ(笑)

平成20年8月にこの現場に初めてはいったオイラの担当は、
J(ジャスコ)工区の職長。

なんせ現場が大きいんで、モールA工区・モールB工区・ジャスコ工区に分かれ、
他工区は元請本隊と、仲間の協力業者さん達と連携を取りながらクリーニングしてきたよ。



e0091220_3514212.jpg
オイラが現場に入った頃には既に外部足場の大半は撤去されて、
内装工事に掛かっていた頃だった。

で、最初の仕事は【防炎垂壁のクリーニング】だった。

大きなスーパーとかにいくと、
天井からぶら下がってるガラス板のことである。
万一の火災のときに煙が広がらないように、
何平米かの割合で設置を義務付けされてるそうな。

で、ガラス屋さんがせっせと組み込んでいった後を追いかけるように、
せっせとクリーニングしていくのだが、
普通と違うとこは、ペンキとかコーキングが当たり前のように付いてるんで、
それをキレイにするのが新築美装の仕事なのよ。

で、ローリングタワーというタイヤのついた足場をゴロゴロ押して
移動しながら作業を進めるのだが、
現場では足場確保のため毎日争奪戦が繰り広げられる。



e0091220_4122133.jpg

現場には百台以上の高所作業車がゴロゴロしてるんやけど、
これは殆どが各業者さんの持ち込みで、
一部にはゼネコン管理のもあるのだが、争奪戦がすごくて
クリーニングで使えることは奇跡に近かった(笑)

ま、争奪戦とは言ったけど、
実際には全体ミーティングで大まかな打ち合わせをして、
後はバッティングする職長さん同士でスムーズに話を付けるのだ。

これを調整するのも現場監督の大きな役割で、
トラブルを起こす業者は厳しく処罰されることになる。

一昔前では現場作業員は粗暴なイメージがあったけど、
今ではそんなことは全然ないよ。

マジで出入り禁止になるからね!

続く
[PR]
by ryushi7777 | 2009-05-10 04:50 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

掃除屋さんのカテゴリー

掃除屋とは? 

一口に掃除屋といってもその専門分野は意外と多く分類されるんで、
今回はそれを説明してみたいと思う。(但し、オイラの知ってる限りでね)

【日常清掃】:公共施設とかでよくみかける掃除のオバチャンとか。
パート作業員が殆どで、専門的技術があまり要求されないためか給料も一番安い。
ホテルのベッドメーキングとかもこの部類に入り、
大手ビルメンテナンス会社が多いのが特徴。

e0091220_1853613.jpg
【定期清掃】:公共施設や店舗などで、
数ヶ月毎にガラスクリーニングや床のワックス掛けなどをする。
時間の制約があるため大掛かりな道具を駆使して
チームワークを要求される作業である。

深夜作業も多いためか、
一般的にはリーダー以下はアルバイトが多いのが特徴。

他には、水道の貯水槽清掃など守備範囲は多く、
一般的にビルメンテナンス業と呼ばれ、中小企業が多いのが特徴。



e0091220_19125991.jpg
【原状回復】:賃貸マンションとかの退去後のクリーニングのこと。

主に不動産管理会社からの依頼が多く、
単価も一般より低く抑えられている為、
それに合う技術とスピードが要求される。

単独作業が多いので気が楽なところがあるが、
逆に孤独感を感じる時もある。

中には網戸張替やクロス張替までこなす掃除屋も存在して、
ハウスクリーニングと兼業している業者が多い。



e0091220_19402297.jpg
【ハウスクリーニング】:一番身近な分野ではあるが、
家事代行的なものから専門的ものまで分野は意外と多い。
小規模店舗や一般家庭の大掃除などとスポット的な依頼が多く、
エアコンクリーニングなどもこの分野に入る。

また、一般家庭へ上がり込んでの作業となるので、
相当な知識・技術と気配りセンスが要求されるため、
掃除屋の中でも一番難しいといわれる部類で、
個人事業者が多く、単価も比較的高いのが特徴。

e0091220_20242022.jpg
因みにオイラの経験上では、
依頼するお客様のタイプは大きく二つに分かれる。

タイプ①:お掃除大好きタイプ
普段自分でできないとこだけプロに頼む。
育児などでできない時にプロに頼む。
e0091220_20251274.jpg
タイプ②:お掃除苦手タイプ
急な来客などで困ってプロに頼む。
もうお手上げでプロに頼む。(画像⇒)

余談だが、後者のお客様には【うつ病】の人が多いのも事実。



e0091220_20174975.jpg
【引渡し清掃】:新築物件などを施主に引き渡す前のクリーニング。
いわゆるガテン系であるが、
建築に関する知識と交渉力が要求される。

地域よっては、【美装屋・洗い屋・クリーニング屋】とも呼ばれるが、
ハウスクリーニング業者とは異なった技術を要求されることが多く、
掃除屋業界でも比較的マイナーな職種であるが、
オイラが最も得意とする分野である。

マイナーである由縁は、請負で手直しが多く掛かるため、
普通の掃除屋さんはこれを敬遠する傾向が強いためである。




【特殊清掃】:これは一般的には殆ど知られてないと思う。

死亡事件・事故などの後始末をする掃除屋さんのことで、
訳有り賃貸物件のリフォーム&クリーニングなど、
また、破壊された遺体の化粧直しをする業者もあるらしい。

よって、単価も一番高いんじゃなかろうかと思う。



ま、普段皆が何気なく流しているトイレだって、
そのまま海に流してるわけじゃなくて誰かしらが掃除・片付けしてる訳だから、
掃除屋さんの分類って本当に多いと思うぞ。
[PR]
by ryushi7777 | 2009-05-08 19:29 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

スカイマスター

以前から取得したいと思っていた高所作業車の運転免許をようやく取ってきたよ!
正確には技術講習終了証といって、労働局の管轄らしい。

e0091220_19182822.jpg
ことの発端はコレ⇒(画像)

某ゼネコンの監督から2階のガラスクリーニングを頼まれて、
「スカイマスター(高所作業車の通称)を引っ張って来て!」の言葉に対して、

オイラ:「スミマセン、免許持って無いんでオペさん(オペレーター)付きでお願いします・・・」
監督:「そうかぁ・・・高く付くなぁ・・・」

これが悔しくて即座に行動へ出たオイラだったが、
さて、何所で免許取れるのか????



e0091220_1937243.jpg
色々と調べた結果、某教習所への申し込みへ辿り着くことが出来たよ。
今回の場合は、ネット情報よりもクチコミ情報が勝った!

今回申し込んだのは、某自動車学校に併設された
建設機械専門の教習所だ。
学科8時間&実技6時間で費用はコミコミで4万円でおつりが来たよ。

学科教習は睡魔との闘いだったが、
実技ではかなり緊張したよ。
だって、この手の操縦はしたこと無いしな(^^;;

複雑な操縦かと思っていたんやけど、
基本さえキッチリ習得すれば意外と簡単かも!?
いやいや、そんな事無いぞ、先ずは安全第一(マジ)。

でもこれ、自ら操縦すると楽しいのなんの(笑)
正にスカイマスターである!気分爽快~♪


========== おまけ ============

今日はテナントビルの定期清掃数連発の日だった。
管理会社から「午後から人が来るんで一生懸命やって下さいな」と、コメントがあった。

一生懸命とは、早くやれ(ヤッツケ仕事)?
それともキッチリやれという意味か?

とにかく普通に仕事して、次の現場で作業に掛かってる最中に、
管理会社からクレームが来たよ。。。。
ま、とにかくクレーム最優先なんで現場に戻ると何か物々しい雰囲気が・・・・・

黒塗りの高級車が頑固な駐車してて、
廻りには、イヤホン付けた眼光鋭いスーツ姿の男性が数名警戒体制を取っている。

これってもしかして【SP】じゃね?

どうやら、某国元総理大臣が選挙事務所かなんかの下見に来てたみたいですわ。
これで管理会社の「一生懸命にやって!」の意味が判ったよ。
そうならそうと、こっそり一言云えよ!

お陰で追加注文ゲット(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2008-09-20 20:30 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

落とし穴

現場で一服してたら「ズボッ」と音を立てて車がハマッた。

e0091220_2018489.jpg

先週埋め戻したばかりの場所が、大雨のせいで地盤がゆるんでたんやろと思うが見事なハマリっぷりであった。
丁度休憩中だったんで皆で傍観しているのだが、
「皆に声掛ければいいのに」とか、
「そこのユニック使えばいいやん」とか言いたい放題で傍観するのであった。
実はこの時点で数十人が傍観してるんで、その気になれば人海戦術で一気にに引き上げることも可能なんだが、何故か皆冷たいんやな(^^;;
オイラも人の事言えんけどな(^^;;

で、何を思ったのかフォークリフトがやってきてこの有様。
あーあ、オイラなら絶対に拒否するわ・・・・・


e0091220_20163465.jpg

数時間後、また別の車が犠牲になった!
またバネットだよ。。今後は「ゴン」と言ってハマッた(笑えん)

ここでまたギャラリーから勝手な意見が飛ぶ。
「フックに安全帯引っ掛けて皆で引けばいいやん」

おお、これはナイスアイデアと思ってるうちにハマッた車の仲間が集結して
アッと言う間にリカバリー!

毎日数百人の職人が出て納期に一丸になってる現場でも、
仲間以外は頼りにならないと実感した瞬間だった。
[PR]
by ryushi7777 | 2008-08-18 20:58 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

健康診断レポート其の弐

実はオイラ最近、仕事の所属を変えました。

で、今日の現場は巨大なショッピングセンター新築工事現場!
e0091220_21394594.jpg
この現場、北陸一だとか日本海側一だとか、
はたまた日本一規模だとかの噂らしいんやけど、
オイラの地元のよりデカイのは事実で、とにかくデカイのである。

先ずは朝礼でビックリ。
職人4~500人規模でのラジオ体操は圧巻である。
出勤途中の現場で見かけたラジオ体操カードを首からぶら下げた小学生の集団を見送った後とのギャップが烈しい(笑)

大掛かりな現場でも朝礼は20分程度で終わるところを
ここでは60分近くも掛かるんで、通常の現場より朝礼開始時間が早いのにも納得。
そして、通常13時から始まる昼礼(打ち合わせ会)も業者数が数倍多いんで午前中に行い、
終わった頃に丁度昼ご飯の休憩時間となる次第だ。



で、この現場に入るのに診断書を持って来いと云われた。
うん、健康診断も3年ぶりなんで良い機会だ。
先ずは検尿コップを持って、「乾杯!」と叫ぶのは小学生時代からのオイラの癖である。

検査結果は特に異常無しでホッとしたんやけど、あからさまに落ちた視力にショックだった・・・
ついでに医者から「タバコ止めるんなら相談に乗りますよ、私も数年前から辞めたんですよ」
と言われたが、未だタバコを止める気にはなれない。

このことを仕事仲間とのネタにしたら、
酒は止めてもタバコは止めれないということで一致団結(笑)
例えタバコ1箱が1000円になってもオイラ止めないよ。

我慢は身体に良く無いんである(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2008-07-30 22:41 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

足場解体の日

ここ最近ずぅーっと足場上での仕事が続き、疲れ気味である。
e0091220_228508.jpg
何が一番辛いかというと、足場板の背丈は結構低いんで
比較的長身のオイラは身体をかがめないと天板にガンガン頭を打ち付けてしまい、
ヘルメットをしていてもその衝撃はキツク、マジでムチウチになりそうやわ。

画像は14階建ての某マンション現場。
エレベーターが使えないんで休憩の度に1階まで登り降りするのが面倒臭いんである。
すごい疲れるし・・・・

この写真を撮った日は、初めての足場解体の日だった。
現場正面に65トンもの巨大レッカー車が鎮座した。
この日まで、延べ1万人の職人が入ったそうな。
マンション1戸で数千万円するのにも頷ける。

手際よく鳶さん達が足場を解体していくうちに、
高級マンションが徐々に姿を現してくる。

お披露目だ。

苦労が報われる一瞬だ。
[PR]
by ryushi7777 | 2008-04-24 23:10 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(1)

一蓮托生

先日、国立某施設の現場へ行ってきた。

初めての現場なんで、先ずは下見とゼネコン監督との打ち合わせだ。
この施設は非常に広大なんで監督と待ち合わせ場所のやりとりを何度も重ね、
現場入口に立っていた警備員に誘導されるがまま大掛かりな工事現場に入り、
それらしい建物内で監督を探すが見つからない・・・・・

何度も携帯で待ち合わせ場所を確認しても一向に会えないんでおかしいと思ったら、
全く別の現場へ入っていたよ(笑)
入札制度で同じ建物内でも階毎に違うゼネコンが請けてることもあるんやね。。。


で、オイラの仕事は改修工事が終わったトイレの引渡清掃だ。
一見簡単そうに思える仕事なんだが、
狭い個室が沢山あるんで結構手間の掛かる仕事なのだ。
おまけに夕方の定刻になると自動的に入口が閉まるというやっかいな警備になっていて
時間内に納めなくてはいけないのにオイラも風邪気味で調子が悪く間に合いそうにない・・・・

監督が守衛に掛け合ってくれたが、
自動制御なんで守衛にもどうすることが出来ないらしい。。。。。

しかーし、この建物は今時無い古い鉄製サッシで警備用のセンサーなんていうもの付いてなく、
ハイテク警備はどうやら正面入口だけということに気付いた監督は、
「最悪の場合は窓から脱出しましょう!」と提案して、とにかく急いで工事を進めることにした。

やがて閉鎖時間が迫った頃に、監督はオイラにこう言った。
「俺、先にフケていいか?」
「守衛に掛け合ってるんで窓から脱出したのがバレると確信犯になるし・・・」

うーん、それもそうなんだけど、オイラだって確信犯になると色々面倒なことになるし、、、、
「こうなれば一連托生。とにかく時間ギリギリまで付き合ってくださいな!」

かくして作業は急ピッチで行われ、閉鎖2分前になんとか撤収することが出来たが、
公共工事で下手打ち出来ないゼネコンの立場同様、
オイラ達だって美装工事元請の看板に傷を付ける訳にはいかないのだ。

でもなんとか無事に作業が間に合い、連帯感というか達成感というか、
その後で行われた忘年会で美味い酒に酔ったオイラはダウンした・・・・・
[PR]
by ryushi7777 | 2007-12-16 14:49 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777