オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:掃除屋日記( 1001 )

どこで売ってるんやろ?

ここんとこブロク投稿する暇も無く布団にバタンキューの毎日であるが、
タマにも打たないと寝起きが悪いぞ。
つか、朝起きるのが毎日辛いわ(笑)

e0091220_22414817.jpg
現場で見かけたこの脚立に驚いた!

最近では段差に対応したアジャスター付きの脚立も一般的になってきたが、
これはスゴイわ!

ワンオフ品やろか?
汎用性が無いのが気になるが、良いアイデアと感心したよ。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-10-20 22:58 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

ガラス磨きで泣いた

応援で入っていた新規オープンのデパート現場クリーニングも一段落したんで、
貯まりに貯まったマンションクリーニングに着手する。
実は、管理会社から納期が遅いと催促の雨嵐!「申し訳ございません」としか言い様が無い・・

で、久々にのんびりと空室クリーニングしていたら、
デパート現場への緊急出動要請が入った!

e0091220_21144544.jpg
納期遅れの空室マンションと、開店間際のデパート。
どちらを優先すべきか!?

このデパート担当○○氏は広島県に住まいが有り、
東京の会社への単身赴任で、更にこのデパート担当になり
2ヶ月も富山に滞在していることを雑談中に聞いていたので、
関西在住の広島出身の某兄弟のことともラップして、
オイラはマンション現場をうっちゃり、デパート現場へ向かった。

デパートの顔ともいえる1階ブランド品売り場の中でも
一番目立つ場所にある高級ブランド店だ。
先日ホコリ一つ残さずクリーニングしてきた店舗も商品陳列で店員さんも忙しいようで、
掃除屋が来たくらいで何の挨拶も無いが、
オイラの目的は現場監督の○○氏の要望に応えることだ。

イタリアからブランドメーカー社長が見に来るということで注文はとても細かいのだが、
コミニュケーションがあったお陰でダメ出しでも腹が立つ事も無い。

オイラ:「ヤニ切れてきたんで、チョット一服しませんか!?」
○○氏:「そうですね、自分もタバコ吸いたかったんですよ~」

わずか2メートルX3メートルのガラス再クリーニングに
掛かった時間は2時間!!
スモークフィルムの傷が目立ったので張り替えたばかりでの
再クリーニング依頼だった。

材料・素材も難しいものばかり。
下手に雑巾掛けしてもアウトになる素材ばかりだった。

この店に定期清掃に入る業者さんは気合入れて入ってくださいね。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-09-16 22:12 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

緊張した瞬間

作業中に携帯転送になっている電話が鳴った。

相手:「○○様(オイラの会社名)でしょうか、レオパ○ス21の○○と申します。」
オイラ:「あっ、いつもありがとうございます!」

おおお!ついにレ○パレス21から掃除の依頼が来たかと思い、
一瞬舞い上がった気分になり緊張して丁寧に応対していたら、
「部屋を借りてくれ」という営業電話だった・・・・・・・ガク

e0091220_2305819.jpg

来週新規開店するデパートの再クリーニングに行ってきたよ。

手垢の跡一つも許されない超ピカピカ現場に、
商品がゾクゾクと搬入されてテナントさんやメーカーさんも陳列に大忙しで、
オイラが磨き上げたショーケースにも次々と商品が置かれた。

この、大掛かりな現場の仕事に参加できて嬉しかったよ。
まだ追加仕事も少し残っているけど。。。。。。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-09-11 23:34 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

愛煙家に優しい会社

先日の事だが、某大手企業の事務所へ掃除しに行ってきたよ。

今回の作業内容はエアコンフィルターや換気扇のクリーニングで
オイラが得意とする作業なのだが、定期清掃の間隔が短いんで、
殆どキレイな状態だったんで楽な現場だったよ。

ここの会社は禁煙ブームの影響でか、事務所及び会議室は全面禁煙だが、
それ以外では各フロアごと数箇所に喫煙室が設けられ、
休憩室・ミーテイングルームなどでは喫煙可で、通路以外はほぼ喫煙可といった状態だ。

しかし、会議室にあった張り紙には、
「会議室では全員が喫煙者であっても禁煙!」と書いてあった。
仮に全員が喫煙者だったらイライラするのは必至だろうなぁー
なんて思っていたら、張り紙に追記があったよ・・・・・・・

「営業車は全て禁煙!但し、運転者が喫煙者と申告すれば喫煙可」
「同乗する非喫煙者の同意が得られた場合には喫煙可」
「吸殻は喫煙者自身で処分しなさい」

てな感じの内容で書いてあった。
愛煙家が多い会社なんだな(笑)我慢は身体に良くないしな(^^;;

オイラもヘビースモーカーの部類に入るくらいの愛煙家なんで、
こういう会社なら快適だろーなと思ったよ(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2007-09-09 22:04 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

電気屋さんの仕事体験?

投稿しそびれた先週のネタなんだけど、電気屋さんの応援に行ってきたときの話だ。
オイラが電気屋さんに応援を頼む事はしょっちゅうあるのだが、
電気屋さんからの応援要請は珍しいことで、作業内容は掃除!??

e0091220_0494330.jpg
当日のチームは電気屋さん9名と、掃除屋が約1名(オイラ)
数年おきに15万ボルトの高圧電線を停めてのメンテナンスに伴い
当日の作業は「ガイシ磨き」!

自動車のスパークプラグの巨大なものみたいのを磨くのに、
高所作業車(スカイマスター)を率いた電気屋さんが集結した!

で、オイラにあてがわれた相棒はコイツ(画像⇒)
キャタピラ付きの高所作業車で6メートルの高さまで伸びるのだ。

実は、コイツを一度操縦してみたかったのよ(喜)
操作はジョイスティックで行い、ラジコン戦車と似ているんで
結構面白いのだがバッテリー仕様なんでスピード感はイマイチだがやはり面白い。


e0091220_144851.jpg

ガイシクリーナーなる専用の洗剤あった!
商売柄こういうのにも強い関心を持つオイラだ。

スプレー状のコンパウンドみたいなもので、
拭き残しが一目で分かるのだが、今回はやや風があって、
風下の作業者がせっかく磨いたとこに粉が飛ぶトラブルも多発するが、
チームの仲間は仲間意識が強く、そして皆穏やかだ。


e0091220_1191043.jpg

狭い場所で【接地回転】を繰り返していると、
流石のキャタピラも大きな砂利が噛んでクローラが外れてしまったが、
修理機材を皆持ち歩いているとこがスゴイやね。

人海戦術と知恵で、押したり引いたり蹴ったり(笑)


e0091220_131756.jpg

この現場で作業しているのはオイラ達だけでなかった。
変電所から送電される15万ボルトもの高圧電源が止まる数日間の間に、
作業が集中して行われるそうだ。

高さは軽く50メートル以上はあると思う場所から、
さらにブランコで作業する姿は当に職人芸と感動した。
彼等は電力会社の中でも特別な作業チームらしい。

こういう作業を見ていると、曲芸技やな。
オイラのやってる、わずか10数メートルでの作業や、
エアコンの200ボルトがどうのこうのと言うレベルの比ではないと思った。

上には上があるもんだ、と電気屋さん達も感心していたよ。
勿論、オイラもな。

因みに、超高所作業中に小便がしたくなったら、
ペットボトルに詰めてるそうだ。
だって、いちいち降りるの大変だろうしな。
でも、昼飯には皆降りて地上で食事していたよ。

本当にご苦労様です!
[PR]
by ryushi7777 | 2007-09-06 01:59 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

デパートの掃除

今月オープンするデパートの現場へ引き渡し清掃の応援に行ってきたよ。

e0091220_5113269.jpg
開店70年もの歴史あるデパートで、
太平洋戦争時代の富山市大空襲では、あたり一面焼け野原になりながらも
このデパートだけは無傷で残ったという逸話があるそうだが、
老朽化と市街地再開発も絡み、
現在の場所から少し離れた場所に新築とあいなったそうだ。

工事もほぼ終わっている感じだが、
内装関係とかの業者さんの出入りも激しく、
特に掃除屋の業者数も半端じゃないそうで、
近隣県の掃除屋が殆ど集まってるらしい。


e0091220_5291126.jpg
オイラが応援で入った現場は、
高級ブティックばかり揃うフロアの再清掃だった。

再清掃とは、ダメ出しの事も含むのだが、
せっかくキレイにした後でも色んな業者さんが出入りする度に汚れてしまうんで、
また掃除するハメになる悪循環なのだが、
新築物件では避けて通れない常識なのだ(^^;;

で、現場に入るとやけに蒸し暑い!
空調が動いてないのだ・・・・
まあ、空調(エアコン)が効いてるとは最初から思ってはいなかったが、
各陳列棚に仕込んである照明器具のせいもありとにかく汗一杯かいたよ。

スポーツ飲料を4本も飲んだのは今年初めてじゃなかろうか?
[PR]
by ryushi7777 | 2007-09-05 06:02 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

鉄分補給?

3階建てマンションの空室に入ったら水道がきてなかったんで、
おもむろに点検扉の中にある水道元栓を思いっきり開いたら・・・・

頭の上からバシャバシャーーーと、急に水が降りかかってきた?!

ヤバイ!と、咄嗟に元栓を閉じるが既に遅し、
赤錆で真っ赤な(厳密にいうと茶色だな)水を頭から浴び、ユニフォームが台無し・・・(涙)

この水漏れ原因は、点検扉の上にあるガス給湯器だ。
冬場になると空室では、凍結予防のためにドレンを抜くのだが、
まさかこのクソ暑い夏場にまでドレン抜きしているとは想像もしなかったのが甘かった。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-08-27 21:04 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

ドライ式メンテナンス

今日は大きな病院の定期清掃の応援にいってきたよ。

外来病院は何度も経験しているオイラだが、入院部屋ありは初体験だった。
普通、床にワックスを塗るには家具とか荷物を全て運び出す必要があるのだが、
ベッドに横たわっている患者さんごとベッドを外に運び出すわけにはいかなんで、
それを簡単にやる方法がドライ式メンテナンスという便利なヤツだ。

普通のワックス掛けはウエット式と呼び2層塗りなのに対して、
ドライ式では特殊なワックスを6層位塗ってから、更に【バフ掛け】するのが大きな特徴だ。
バフ掛けにより表面の凹凸が限りなく平坦になり異常なまでの深い輝きがでるのだ!
コンビニの床が異常なまでにピカピカに光っているのも、このドライ方式によるモノなのだ。

因みに、通常のウエット式とは洗剤を使って汚水が出るからウエットで、
ドライは式は単に乾拭きしてる感じなのでドライと呼ばれるらしい。

で、入院部屋で作業してると、患者さんから色んな質問が飛んできた。
「ワックスは掛けないんですか?」とか、「すぐに歩いても大丈夫なんですか?」とか。
オイラはニコニコ顔で「はい、特殊なやり方してるんで大丈夫なんですよ!」と応えてたのだが、
仕舞には看護師さんから、
「ウチの床もピカピカにしたいんだげど市販でいいワックスあるかしら?」
なんて質問まで飛んでくるが、これも在宅クリーニングの楽しいとこである(笑)

e0091220_0325797.jpg

画像右側の黄色い機械は、プロパンガス燃料のエンジン式洗浄機で、
作業中はそんなにウルサクもないのだが、
スタート時にはものすごい爆発音がするのが面白い(笑)

因みに、KAWASAKIのエンジンを積んでいる。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-08-27 00:46 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

長期空室清掃 其の弐

また今日も長期空室清掃に行ってきたよ。

この仕事いいところは楽なことである、
2LDKクラスでも1時間もあれば終わってしまうのだが、
今日の一番の現場はどこか変だった。。。。

和室の畳にカビがビッシリ浮いている・・・・が、これは割と普通の光景。
なんかキッチン廻りが異常に汚いし、ユニットバスも異常に汚いし、
トイレも異常に汚いというか、全体的に汚いのである。

どこのヤッツケ掃除屋がやったんだよ!
と、思いながらもオイラのせいにされちゃ堪らないんで部分的に仕上げてるうちに
あることに気付いた。

①お約束の排水トラップが汚れていた
②キッチン収納棚内が汚れていた
③ワックスを掛けた形跡が無い。。。その他

これはどう考えても1時間で終わる仕事ではない!
と判断して管理会社に問い合わせてみたら、

「あっ、そこの部屋は掃除入れてなかったかも!?」
「じゃ、一式でお願いします!」
と、単価が一気に数倍に跳ね上がったが、結局半日を費やすことになる(笑)

そして、遅い昼食を次の現場で済ませ後、良くチェックしてみたら、
パッと見はキレイなんだけど、これも掃除に入った形跡が無かったんで、
また管理会社に問い合せてみると・・・・・
「そうですか・・・・じゃまた一式でお願いします!」
と、嬉しいやら悲しいやら微妙な気分だったが単価が上がるんでヨシとしとこう!

しかし、もう15時を廻ってるんでここはパスして他の現場に向かおうとしたら、
このマンションには他に数部屋の空き室があった!
せっかくカードタイプのマスターキーを預かってきたんで、
他の掃除屋さんの仕事跡を覗くいいチャンスと思い数部屋廻ってみた。

やっぱ、プロが入った後は一目で判るね。
後始末も楽だよぉ~♪
[PR]
by ryushi7777 | 2007-08-24 21:23 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

長期空室清掃

毎日のエアコンクリーニングにも飽き飽きしてきた頃に、
久々の賃貸マンション長期空室物件の仕事に取り掛かった。

先ずは部屋に入るなり嫌な臭いが鼻を突く。
清掃済みとはいえ長い間閉めっ放しでは空気も澱むわな、
特に酷いのはトイレとか水廻りの排水トラップから水が蒸発してトラップの役目ができず
汚水からモロに臭いが上がってくるのだ、マジ臭い。
例えタバコのヤニだらけでも、最近まで生活していた部屋の方が
ずっと空気はきれいだと思う(笑)

さて、先ずは窓を全開にして空気の入れ替え!
なんか部屋自体が喜んでいるように感じる瞬間だ。

次は水廻りのメンテナンス。
トラップ水が蒸発してるんでバスタブやら洗濯機パンには、コバエの屍骸がビッシリ!
これを始末してトラップに注水すると嫌な臭いが消える。
それから、部屋中からベランダの蜘蛛の巣も撤去!
普段からゴミ屋敷とかスズメ蜂やらと闘ってきてるんで、こんなモンでは驚かないよ。
市役所のゴミ焼却場の臭いに比べりゃ全然たいしたことないよ。

この空室清掃には、別の業者が施工した現場を見れる良い機会でもあるのだ。

「なんだよこれ、ホントに掃除したんか?ヤッツケな掃除屋やな!」
しかし、逆に、オイラが過去に施工した部屋に出くわして反省することもある・・・・・(^^;;
掃除屋の仕事は奥が深くて本当に面白い。

もう時効だから暴露するけど、
システムキッチン付きの部屋掃除した時、
あんまりにもキレイだったので手抜したら、後日、管理会社からクレームが来た。

管理会社:「魚焼器の中に、焼魚が一匹残ってたと入居者からクレームありましたよ・・・」(ボソッ)
オイラ:「ええぇぇぇぇーーーー!?マジですかぁーーーーー?」

この事件以来、備え付けガスコンロの魚焼器を、
必要にチェックする習慣がついたのは言うまでもない。。。。
[PR]
by ryushi7777 | 2007-08-23 22:15 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777