オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:思いつきネタ( 247 )

やっぱ暗いのイヤ

ランタンのレス打ってたら思い出したよ。
オイラがまだ10代の時、バイク仲間数人と深夜徘徊してたとき急に連れが「クソしたい・・」と訴えた。
コンビニなんて全く存在しない頃の話だ。

で、最寄のJR伏木駅に駆け込んだ。
深夜だったので駅は真っ暗で、オマケにトイレも汲み取り式だった。
普段はブイブイいわせる気丈な連れも「真っ暗じゃ怖いよー!落ちたらやだよー」と訴えた。

そこでオイラは公衆便所の中にバイクを入れてライトで照らしてあげた。
「ドドドドドドドドッ」と排気音が便所にコダマする。
そしたら背後から幻想的な赤い照明が点滅し始めた??

パトカーでした。。。。
オイラは事情を説明した。「おまわりさんかてこんな暗いとこでウンコすんのイヤやろ?」
おまわりさん:「そうやなー、じゃ早く済まして帰れよ」とお咎めなし(笑)

スッキリした一行は、また深夜の町を暴走した。。。。


そういえば、この頃はよくパトカーの後部座席に座らせてもらったっけ(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-24 22:47 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)
オイラが熱帯魚にハマッた話を語ろうか。。。

夏祭りといえば「金魚すくい」!
ご近所さんから沢山の金魚を貰った。ハッキリいってやっかい払いである。
因みに、オイラは人混みが大嫌いなので祭りは大の苦手なのだ。

で、大勢の金魚達は翌日「デッド・ソルジャー」となった・・・・
生き残った2匹をオイラはなんとかしたいと思った。

小さな水槽とエアーコンプレッサーなど一式を買い揃えた。
冬になると「寒かろう」と、ヒーターも導入した。
2匹のお祭り金魚君はスクスクと育った・・・・

いつのまにか、熱帯魚を飼育する設備が整っていた・・・
オイラは専門店を訪ねて金魚と混生できる熱帯魚を探した。
勧められたのはアマゾン産の「セレベスレインボー」という品種、だったと思う(?)
まだインターネットも普及してない時代だった、オイラは専門書を読み漁ったが所詮は素人・・
レインボー君達は次々と「デッド・ソルジャー」となった。

そんな時、サラリーマンだったオイラに出張命令がきた!

続く・・・・・・・
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-21 21:12 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(2)

「どういたしまして」

ホームセンターへ材料の買出しに行ったら、また客から声を掛けられた。
「○○はどこにありますか?」と、いつもの事だ。
いつも目立つ蛍光色のユニフォームを着用しているので、よく店員に間違われるのだ。
明らかに店の制服とは色も全く違うのだが、特別職と勘違いされるのだろうか?
どこのホームセンターに行っても、毎回必ず店員と間違われるのだ。。。

しかし、どこの店内のことも良く知っているし、サービス業という職業柄ムゲにできないのだ。

今日は、蛍光灯を求めにきた老人を案内してあげて、商品も選んであげた。
そしたら、見本に持ってきた古い蛍光灯の処分を頼まれたので流石に、
「スミマセン、オイラここの店員じゃないんです、ただの客なんですよ」

老人客:「そうか!じゃ、タマゴはどこにある?」
オイラ:「タマゴ?鶏のタマゴですか?隣のスーパーに行かないと置いてないですよ」

「そうか、隣のスーパーか。ありがとう。」と老人客は去っていった。(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-17 20:21 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(2)

モリちゃんの話

カマキリを見つけた。
e0091220_17122669.jpg

オイラ、随分昔にとても大きなモリアオガエルを飼っていた。
名前は「モリちゃん」。モリアオガエルは生きているエサしか食べないという習性があるので
エサをやるのにはとても苦労した。自然界なら冬になると冬眠するのだが、暖房のついてる部屋では冬眠しないのだった。

モリちゃんはみるみるヤセ衰えていった・・・・
しかし、熱帯魚用のエサで人工飼育に成功!なんとか生きている。
そんな時、仕事で山に出かけた時、「カマキリのタマゴ」を見つけて持ち帰ってきて
モリちゃんの水槽に入れた。

ある春の日、カマキリが一斉に孵化してきた。
モリちゃん大喜び。正に入れ食い状態である!(さすがに見ていて可哀想になった)
その後もモリちゃんは元気に生き続けた。

しかし、ある日悲劇は起きた!
町内の樹木の防除剤撒布の日、オイラはうかつにも部屋の窓を開けて外出していたのだ・・・
モリちゃんはグッタリしていた。。。。そして3日後、モリちゃんは星になった(涙)
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-12 17:13 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(3)

ゲット!!

前出のピンキー2世を呼び戻す為に「チャージングスケール」をヤフオクで落札した。
初めての一騎討ちだった、顔も知らない相手だったがとてもいい勝負だった。。。。

チャージングスケールとは、こないだオイラが代用で買った「上皿はかり」のエアコン工事専用道具のことだ。来年の夏場にはピンキー2世と相棒組んで稼いでくれることだろう。(ムヒヒ)

オイラは必要に応じてスペアを準備する主義だ、イザというときに冷静に対応できるからだ。
※フェラーリのスペアにランボルギーニは論外ですよ(笑)
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-10 23:42 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(2)

2番目贔屓

先日、デスクワーク中にF1グランプリの放送をなにげなく見ていた。
F1(エフワン)とは、言わずと知れた世界最高峰のカーレースのことだ。
しかし、オイラ的にはあんまり興味がない。。。
トップクラスのドライバーがトップクラスのマシンに乗って、トップクラスのチームが競争する。
当然、歴然とした差は無いので見ていても面白く感じないのだ。

このコンマ数秒を争うことがファンにとっての醍醐味ということは否定はしないが、
映画とかドラマでのカーレースで、主人公がトラブルに巻き込まれてドンケツから劇的に優勝する、ありえない話のほうがオイラは好きだ。

F1レース中継でオイラが最も好きなのは、タイヤ交換のシーンだ。
しかし、レギュレーションが変わって予選から決勝までタイヤ交換しちゃダメ!って、ことになったそうだが、こっちのほうが見ていて面白いかも。

で、どのマシンにもテッペンに見慣れない装置が付いていることに気が付き、
車好きな友人に速攻メールで問い合わせてみたが、流石の彼からも知らないと返事がきたので
ネットで調べてみた。
装置の正体は「車載カメラ」だった!!これは早く走るための装置ではなく、観客にドライバーからの視線を見せるためのサービス目的らしい。

やはり、ファン=スポンサーがつかないことにはチーム運営ができないんですよね。
フェラーリが「高級スポーツカーを買ってくれるオーナーはスポンサーだ!」といっていたことに妙に納得したオイラでした。。。

イタリアの名門フェラーリの前身は耕運機メーカーだった。
これに対抗した耕運機メーカーがランボルギーニだった!跳ね馬VS暴れ牛だ。
オイラのお気に入りはカウンタックLP500S。プラモやラジコンカーとかよく集めたっけ。
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-10 19:37 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

毒舌先生

初めてのブログ。。。
新しいオモチャを手に入れた時のようにイジリたくてしょうがない(笑)

実は10日ヶ月も工事代金払ってくれない困った奴がいる。金払わない奴は「お客様」とは呼ばない、取引が成立していないからだ。
先月、ついに業を煮やして内容証明郵便で督促をだしたら、「払いません」と返事が来た。
で、「通知のとおり法的手段を進めてます」と親切に返事を差し上げた。

マジで進めてるもんね。
「でどうする、いきなり訴訟おこす?最高裁まで争う覚悟ある?」と毒舌先生(笑)
「徹底的に闘います!でも債権額越しちゃやだよ」(弱)・・・
毒舌先生ニヤリと笑い「じゃ先ずは支払い督促からいこうか」。ファンキーな爺さんだ。
[PR]
by ryushi7777 | 2005-10-06 00:10 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777