オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

女郎の歌

ゲゲゲの鬼太郎で知られる、
故水木しげるさんの作品に、「総員玉砕せよ」がある。

自分が観たのは香川照之さん主演のドラマ版なんやけど、
太平洋戦争時の南方戦線が舞台やった。

食料も弾薬も底を尽き、
圧倒的な連合軍の猛攻に為すすべもなくなったが、

ある将校がゲリラ戦を具申するが却下され、
総員玉砕を命令される。

でもただの兵隊としては、
上官から「死ね」と理不尽な命令されるが、
兵隊とて人間。感情も恐怖も抵抗もある。

※ドラマでの話なんやけど、
玉砕命令を受けた部隊が全滅を免れ、
中隊長(のち自決)の独断で生きて帰るよう兵隊に命令する。

やっと岬にたどり着いた兵隊81名は、
既に玉砕報告されていた手前、他の将校から再び、
玉砕命令をくだされる。。。


そのシーンで流れた「女郎の歌」がとても印象的やった。

わたしは なんで こんなつらい つとめをせにゃならぬ


ググってみたのだがこれは、
女郎に売られて父母のため、お国のためという歌なのだが、
明確ではないがこれを兵隊が替え歌にしたという説がある。

しかし、旧日本軍は本当はゲリラ戦を熟知しており、
敵の攻撃時にはひっそりと身を隠し奇襲を掛けることを得意としていた。
(わざとヤラレにいくヤツはおらんと思う)

旧中野学校出身軍人が、
旧ベトナム軍にゲリラ戦を指導したという文献も残ってることから、
旧日本軍がやみくもにバンザイアタックしたとは言い難いと思うが、

英霊に献杯!


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/25968378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2017-08-08 22:18 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777