「ほっ」と。キャンペーン

オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

昔のお通夜

うちもそうなんやけど、
富山県は浄土真宗派(南無阿弥陀仏)が圧倒的に多いんですな。

今日参列してきたお通夜で、お坊さんの法話にとても興味を持った。

法話の内容は、昔のお通夜について、
現代だと何日何時に場所はどこそこで、と報せがあって皆お参りに集まるわけやけど、

電話もメールも無かった昔は一体どうしてたのか?という話。

先ず亡くなった人の周りが人づてに訃報を伝えていって、
先ず故人宅へ集まるんやけど、
当然遠方の人だと集まるのが遅くれる。

坊さんもすぐに来れるわけでもないんで、
先ず先に集まった人がお経を上げてたそうな。

昔の人は毎日仏壇に向かってお経を上げてたんで、
ソラで読経できる人が多かったそうな。

そしてお経が済むと皆で故人を偲んで話して、
そのうち遅れて着いた人たちもまたお経を上げて、また話をして。
それがずっと続くループやったそうな。

自分の経験上やと近い親族は「夜伽(よとぎ)」といって、
一晩中故人の傍で起きとらなアカンというのがあって、

当然酒も飲むんでずっと起きとらなあかんのは、
ある意味拷問にも近い習慣やったけど、(笑)

それも時代の流れなのか、詳しいことはよう分からんけど、
今ではとりあえず部屋を明るくさえしてたら布団で寝てもいいらしい。

昨今では清潔感のあるセレモニーホールが主流になってきて、
辛気臭いお寺でとか、自宅での葬儀が珍しくなってきたような気がする。

葬儀に参列する度にいつも思う事なんやけど、
俺が死んだら、こんなに大勢の人が参りに来てくれるんやろうか?
という強い不安に駆られることがある。友達少ないから・・・・・・(涙)

それ以前に、孤独死して数週間も誰にも気付かれなくて、醜く朽ち果てて、
後々の始末に面倒掛けるんやないかというのが、目下の悩みでもある。。。。。

実際俺も仕事柄、特殊清掃とかも何度もやってるんで、それが怖いのよね。
ボディが腐る前に火葬して欲しいのが最期の願いで、戒名なんて要らない。

救いは長男坊の特権で、先祖代々のお墓には入れるんで、
大好きやった婆ちゃんの隣に入れて欲しいのと、

お盆の時くらいは好物のスーパードライと焼酎と、
線香代わりにタバコに火を点けて供えて欲しい。花は要らん。


ジュニア、お前への遺言の一部や!!

細かいことは、また一緒に酒でも飲みながら話そうや。(笑)


追伸:
お世話になった故人のご冥福を、心からお祈りいたします。(合掌)

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/24167120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2016-02-24 23:20 | ふつうの日記 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777