オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

サイドキック式ライター

数ヶ月前に、禁煙に成功しましたと偉そうな事云ってた割には、
タバコとパイプは別物と自己中的解釈で相変わらずやってます(^。^)y-.。o○

先日に常喫用(晩酌のお供)のバージニア系が切れてしまったんで、
たまにもと思ってラタキア系を仕込んでみたら・・・・

うーん?何故か美味くないというか不味く感じたんで、
ちょっともったいなかったけど、すぐさまにボウルから掻き出してしまった((x x))

ウイスキーとかの歴史を一言で語れないのと同様に、
パイプタバコの歴史も古く、アメリカ先住民インディアンから西洋に伝わったという説が強いらしい。

現代のパイプ(いわゆるマドロスパイプ)の原型になったのは、
古代の英雄ナポレオンの信望者がお参りにシチリア島を訪れた際に、
当時主流だった海泡石(メシャム)パイプが壊れてしまったので、
地元の職人に急拵えで作ってもらったのが、今のブライヤーパイプの元祖らしい。

ブライヤーとはユリ科植物の球根部で、
火に投じても燃えないという性質を持ってって、それが今の喫煙用パイプ材料の主流になってるらしいが、
他にもマッカーサー元帥愛用で有名なコーンパイプや、桜の木のチェリーパイプなどなど、
趣味性も強いので色々愉しめるわけである。

あ、話逸れたけど、ラタキア葉のことについて戻ってみよう。

現代の日本でもタバコ栽培農家があるように、
タバコ葉は世界各国で栽培されブレンドされ世界各国へ流通してる。

で(大昔前の話ね)、タバコ葉の収穫を終えたイタリアの農家が、
出荷で余った葉っぱの束を屋根裏に保存してらしい。

大昔の日本でも囲炉裏があって、
それで暖をとったりしてたのと同じように、
イタリアのラタキア地方の農家でも、牛糞を燃料に使ってたそうな。。。。。

んで、気づいた頃に屋根裏のタバコ葉はすっかり牛糞の燻製状態に汚染(?)されてて、
「あ、こりゃもう売りもんにならんな(^^:」

と思ってたのが、吸ってみるとなんかクセになりそうな味わいやったんで、
今ではラタキア系といってパイプ愛好者で趣向品としての地位を確率してる(笑)

食うと最高に美味いが、臭いは近所迷惑レベル!
こんな感じ(笑)

e0091220_1722558.jpg


で、近所の煙草屋さんで、お気に入りの常喫煙用のマックバレンを買いに行ったよ。
50グラムで1230円やったかな?(細かいとこは気にしない)

これで約一週間分の晩酌用喫煙なんで、
一日2ボウル嬉しんでも一日約175円と、コストパフォーマンスは高い(^。^)y-.。o○



e0091220_17302786.jpg


ついでに買い求めた吸い口用のクリーニング剤は生憎と品切れ中で、
今度仕入れてくれるそうな。ま、歯磨き粉でも代用できるんやけど(^^:

と、着火用のマッチも全て灰になったしまったんで、
zippoでも代用出来んことはないけど指先を火傷しそうになるんで、
使い捨てのサイドキックライターを所望したら、
件の面倒くさい100円ライター規制の煽りで生産中止になってた・・・・・(´・ω・`)

で、その代わりに100円ライターサイズのチャッカマンみたいのを買ってきたよ。

外出先で格好つけるにはNGなアイテムやけど、
自宅でこっそりやってる分にはまぁええか(笑)



「ブログは、現実逃避のアイテム」
と云った人生の先輩がいるが、

今その同じ年代になって、やっとなんとなく分かってきたような気がする。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/22788596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2015-02-07 17:52 | パイプ喫煙 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777