オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

国際問題にまで発展したアカデミー賞作品を観て

5月にTUTAYAのレンタル会員更新があったんで、
そのついでにDVDを5本ばかし借りてきた。

当初目的の作品はDVD化されてなかったんで、
適当に準新作ばかりをチョイスしてきた中に、
今回の問題作品が紛れ込んでいた。

タイトルからしてパロディ作品やろと勝手に思い込み、
酒でも吞みながらダラダラと鑑賞しようと思って観てみたら、
最期にすっごい不愉快な思いをしたよ。

イタリアに工作員として潜伏していた宇宙人が当局に捕獲された。

何故かその宇宙人は中国語を喋るんで、
急遽、通訳の仕事を当局から依頼された美女が、この物語の主人公である。

作品の大半は密室での宇宙人と当局担当者と通訳との会話で、
SFアクション映画のような費用が掛かって無い感が印象やった。

イタリアに来た本当の理由を尋問する当局担当氏は、
暴言や脅し文句を宇宙人に吐くが、

それを通訳している彼女は人道的に疑問を感じ、
宇宙人に対して救ってあげたいという感情が入ってくる。

それに対してとても礼儀正しく、私の事はどうかお気遣いなく・・・・と、
あくまでも文化交流目的で地球に来たと主張する宇宙人。

やがて彼女は、騒ぎに乗じて哀れに思った宇宙人の拘束を解いて逃がしてしまう。

その時、外では大変な騒ぎになっていた。
宇宙人の仲間がイタリアを空襲していた。

信じて逃がした彼女に対して、宇宙人はこう云った。

「バカだな、おまえ」

こうして地球は、その宇宙人が操作した強力兵器によって一瞬で消滅した。。。。。。


疑うことを知らない通訳の一般女性。

最初から疑うことしか考えてない当局。

お人よしな態度で近づいてきて、最後に目的を果たす宇宙人。


一般的に云う、詐欺の手口やな・・・と思って、とっても不愉快になった。


何でこの作品が国際問題になったかというと、
宇宙人が、地球上で一番多く使われている言語だからと中国語を喋っていた事にあると思う。

昔の表現で云うと、西側と東側の対立を意味すると思う。

したたかな東側(共産圏)に騙されると、最後は悲劇に繋がるよ。
という内容の作品でした。

でも観終わって思ったのは、西側当局が通訳の彼女に、
ちゃんと事情を説明せんかったことが、そもそもの間違いやと思った。

相手を疑うことを前提にそのままの言葉を通訳してさえいれば、
最悪な状況は防げたかも知れない。。。。。


あんましにも気分が悪くなったんで、
口直しに次は、アメリカンヒーローの作品を観たよ。

やっぱ、ハッピーエンドが一番いい!!

気分よく眠れるし♪

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
ビジネスブログランキング
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/20445047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かある at 2013-05-08 00:38 x
なんちゅう映画でっか?
タイトルがからっきし分からんですたい。

アベンジャーズは脳天気でした。
ホビットは、風景がとってもきれいで良かったです。注:3時間近くあるのですが完結してません。でも、お勧め。
Commented by ryushi7777 at 2013-05-09 00:36
何で解ったんですか?アベンジャーズも観た事?(笑)
私はそういう系のが大好きなんです。スカッとするし。

因みに件の作品タイトルは、
【宇宙人王(ワン)さんとの遭遇】です。

ついでに、以前かあるさんのブログコメントにあった謎を知りたくて、【ドラゴンタトゥーの女】も借りてきて観ましたが、
コメントの意味が全く理解できなかったです。

ただ分かったのは、副主役が現代版ジェームス・ボンド役ということだけでした(笑)
Commented by かある at 2013-05-09 22:38 x
コメントの幾つかは小説(3部作)を読めば分かりますよ。
本屋へGO! (古本屋でもいいけど)
Commented by ryushi7777 at 2013-05-10 09:35
老眼で活字が苦手なので、
また今度にしておきます(笑)
by ryushi7777 | 2013-05-07 02:59 | ふつうの日記 | Trackback | Comments(4)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777