オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

隣地境界線のブロック塀

隣地境界線のブロック塀を撤去して欲しいという依頼で、
施工業者さんと一緒に現地を見に行ってきたよ。

e0091220_23133421.jpg

物件は比較的新しい新興住宅地の一角にあり、
件のブロック塀は建物購入時から設置されていたとのこと。

高さはわずか40cmほどの塀なんやけど、
何の為にわざわざ費用を掛けて撤去するのかその意味がオイラにはよく判らなかった。

敷地境界線には杭や鋲、または金属プレートなどで明示してあって、
そこがお隣さんとの境目といういわば権利を持つ縄張りみたいなものである。

今回のは基礎部分も含めて隣地より10cmほども依頼者側に引っ込んでいるため、
逆にいうとお隣さんが10cmほど侵略しているような恰好になっているんで、
そのことが気にいらないらしい。。。。。


まぁオイラも多少なり測量関係や建築関係に携わったことあるんで、
少しは判っているいるつもりやけど、
今回のケースは「何でこんなに食い込んでるんやろ?」・・・・・

昔みたいにご近所さんとのお付き合いが和気あいあいと密接だった時代には、
境界線のど真ん中にお隣さんと折半して塀を建てることが多く見られて、
塀の材質や意匠の好みがあればその分余計目に費用負担するというのがあったけど、

昨今じゃ、知らない人が隣に移り住んできたとかの背景とかもあってか、
ボーダーラインを明確にしたくなるのも頷けるわな(固定資産税のこともあるし)。


依頼者は単に境界線の目印を目に見えるようにしたいという目的があるんやけど、
気掛かりは隣地住人と、このことを話し合って無いみたい・・・・((x x))

ブロック塀を破壊撤去するにしても、多少なりとも隣地に影響を及ぼすと思うし、
実際に作業する職人がお隣さんから苦情を言われることも大いに予想される。


まだ見積もり出してない段階なんで、どうしようかなと思案中。。。。


色々調べて段取りするのは好きやけど、
仕事の割にリスクが大きい案件はお断りすることも有りますよ。

こうやって悩んでること自体が危険を感じてるんであって、
一見さんへのサービスよりは、我が身と協力業者さんを護るのがオイラ的普通な考え方。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
ビジネスブログランキング
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/17629772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 天邪鬼 at 2012-03-29 21:47 x
>こうやって悩んでること自体が危険を感じてるんであって、
長年、誠実な仕事をしているうちに培われた「勘」でしょうか?

業種は違いますが、深く納得。
Commented by ryushi7777 at 2012-03-29 22:43
天邪鬼さん、共感コメントありがとうございますm(__)m

どんな業種であっても、勘を頼りにする人は少なくないと思います。
相手との波長や肌が合うかどうか?などなど。

先日、テレビ番組を観ていたら、
飲食店を個人経営してるオーナーの心の叫びみたいのをやってました。

でも私は誠実じゃなくて、【適当】です(笑)






by ryushi7777 | 2012-03-28 23:56 | 便利屋日記 | Trackback | Comments(2)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777