オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

なんでも無い様な事が幸せだと思う

今日も冷却スカーフを首に巻いて空室現場へ行ってきたよ(笑)

この時季になると1リッター容量の水筒を持って出かけるんやけど、
普段の中身は普通の水道水である(富山の水道は美味しいのよ)。

そうなんやけど、こないだからはスポーツドリンクを詰めるようにしている。
コンビニのオリジナルブランドが安くて財布にも優しいのよね(^^:

しかし今日は、冷蔵庫に備蓄していたスポーツドリンクの残量が心細くなってきたんで、
水で2倍に希釈してみましただ。

美味くねーーーーー (-_-メ)

やっぱ原液で使わんとアカンわな(笑)

e0091220_19391230.jpg

before


e0091220_19405214.jpg

after


今日はネタが乏しいんで、
ビフォー・アフターの写真でも乗っけとこうかの(^^:


ああ、ついでやから、こないだ観たDVDの感想文でも打っておこう。
オイラの好みの映画ジャンルは、アクションもの、SFもの、歴史もの、戦争ドキュメンタリーものである。

その中でも、実話に基づいた戦争ものが一番大好きなのよね。

で、今まで何故か観る機会が少なかった【朝鮮戦争】もの観たよ。

南へ快進撃する北朝鮮人民軍、それを後退しつつも攻防する韓国軍。
このお話は、兵員不足で動員された韓国の、学徒義勇軍の実話を映画化した作品で、

実戦経験の全くない学生達に要所を任せて、韓国軍はやむなく他の戦場へ行ってしまう。。。。

去っていく司令官は、学生達にこう問いかける。

「学徒兵は軍人か?」

「しかし、祖国の為に闘ってくれると信じている」(※因みに民主主義国家)


祖国の為というか、わが身かわいさにビクビクしていた学生たちが、

仲間がやられるたびに闘争心が強くなっていって、
いつの間にか軍人(プロ)の顔付きになっていて、闘いの気勢あげる学徒兵と、若きリーダー。

現代じゃハイテク兵器なんかで見えないとこから攻撃も出来るんやろけど、
こういう泥臭い(失礼)戦闘シーンを観ているとやはり胸が痛むね。

※韓国映画の【戦火の中へ】という作品です。


でも、やだね戦争は。。。。


なんでもないようなことが、普通に幸せだと思う。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
ビジネスブログランキング
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/15120438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2011-07-15 20:17 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777