オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

師匠との喧嘩

昔、オイラがサラリーマンの分際でクレー射撃を始めた頃の話です。

当時のオイラはまだ20代だったので、
「若手が入ってきたぞ!」と、先輩方からのお誘いは有難いくらいに熱心でした。

クレー射撃公式競技には【トラップ射撃】と【スキート射撃】がありまして、
初めて散弾銃を購入した銃砲店さんから、

体格とオイラの短気な性格から判断されて、「アンタは絶対スキート射撃に向いてるよ!」
との進言で、そのまま素直にそっちのほうへ行ったんですな。

同じ射撃競技ながらもルールもかなり異なるので、
各競技愛好者は各自なりのプライドを持っているんですな。

ましてやこのお金の掛かる競技愛好者には社会的地位の高い人達も多いも特徴で、
ある意味貴族のスポーツとしてのステイタス性も高いんですな。

他には狩猟目的の為の練習ということもある。

と、前置きが少し長くなったけど、
射撃場へ行くと、【教えたがりの】人がたくさん居たんですな。

若手の初心者が来ると自分の技術を自慢したり、
自分の愛銃の性能を自慢したり、、、、

ま、それは今のオイラも人のこと言えんけどな(^^:

でもなんか自分のスタイルとは違うかなぁ~?
と思っているうちに、ある人の個性的な射撃スタイルに興味を持って、
「教えてください!」と弟子入りを頼み込んだ。

丁度オイラの親父くらいの人で、
しょっちゅう晩酌に誘ってもらったりして、とにかく良く可愛がってもらったよ。

でもその独特な射撃スタイルから、
廻りの皆からは異端児呼ばわりされていて、
その一番弟子あったオイラも異端児扱いされていた。。。。

長年研究して行きついた自分のスタイルがベストだと信じる師匠だったが、
酒を呑むと他人のスタイルを頑固に否定するとこがオイラとは合わなかった。。。

家族同様に本当の親子のように仲良く一緒に晩御飯を食べている最中でも、
お互いに気に入らない会話が出た瞬間。。。

師匠:「帰れ! もう来んな!」

オイラ:「おお! もう来んわい!!」


こんな頑固な師匠なんで向こうから折れることは絶対にないんやけど、
廻りからは「〇〇さんがオマエのこと心配しとるぞ」
との声も無視するオイラなんやけど、

なんやかんやと年少者の強みというか弱みというか、
「師匠・・・・スミマセンでした。また、遊びにいっていいですか?」

「おう、来いや!」
「今夜はオマエの好きな旨い焼肉用意しといたるわ!」
「あ、冷えたビールはお前が買うてこいや(笑)」


今はもうクレー射撃はやってないけど、
基本は師匠のスタイルが一番で、実猟スタイルも一番だと信じてるよ!

このブログ、天国までメッセージ届くかなぁ!?

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
ブログランキングに参加中!励みになりますんでポチッと押してくださいね♪
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/13470385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2010-10-21 19:58 | 思いつきネタ | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777