オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

塩酸の取扱注意!

東京メトロの車内で塩酸をこぼした事件があったそうな。

このお騒がせな人は石材業者らしいのだが、
掃除屋のオイラとしては、塩酸は石材に掛けるとNGの図式を持ってるんで、
石屋さんが何の目的に使うんやろ?と素朴な疑問を持ったのであった。

e0091220_201897.jpg

掃除屋としての塩酸使用法は、
新築でタイルを張った後のクリーニングに使うのだが、

高級マンションなどのエントランス部によく使われる
大理石や御影石などに、コイツが付着すると
一発でシミになる取扱注意の劇物なのだ。

無知な掃除屋が塩酸を使って高価な石張りをパーにして、
莫大な費用でまた張り替えたという話は珍しくない(笑)

だってコンクリートが溶けて穴が空くほどの破壊力持ってるのよ。

一般的に掃除屋が使う塩酸は、
濃度が38%ほどのものが一番強い濃度なのだが、
それ以上の濃度にすると成分的に不安定になり
保管が困難という理由でその濃度にしてあるそうな。

因みに家庭用洗剤のサンポールでも塩酸濃度が3%位らしい。
それでも相当な威力を持ってるんで、原液の凄さはモット強烈なんである。
(オイラはバイクレストアで錆取りにも使ってた)

で、件の地下鉄でこぼれた異臭とは、
【塩素ガス】という恐ろしいほど強烈なシロモノなんである。

マジで命を落すほど身体に良くないです。強烈にムセます。

家庭用洗剤でよく見かける【混ぜるな危険!】というのがありますが、

塩素系漂白剤(カビキラー・キッチンハイターなど)に
酸性洗剤(サンポール・ドメストなど)を混ぜると同じような有毒ガスが発生して、
大変危険なのでくれぐれも注意してくださいね!

市販の家庭用洗剤はプロ用に比べ、多少控えめな効力には落としてはあるけど、
手荒れや危険な目に遭いたくない人には、【中性洗剤】の使用をオススメしときます。

中性洗剤は汚れが落ちにくいのでは?
と思うかも知れませんが、酸性であれアルカリ性であれ、要は界面活性剤という成分が利いてるんですよ。

我々プロのクリーニング屋は、作業効果を上げるためにあえて危ない薬品を使うんです。
そのために日々の研究は欠かさないんですよ。

だから、自称ビルメンテナンスを語る、極々一部の無知なナンチャッテ掃除屋は、
酒飲みながらでもいいから水だけ使ってやってなさい♪
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/11607874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぬまっち at 2009-11-19 01:15 x
塩素ガスは、喉やられます

斜めドラム式は分解出来るんでしょうか?
暇な時見といてくれるとたすかります
Commented by ryushi7777 at 2009-11-19 19:21
ぬまっち、毎度!

斜めドラム式・・・
その気になれば分解できないハズはないと思うけど、どうなんやね?
実際に分解洗浄したことある掃除屋はいるのかな?
ハウスクリーニング研究会で聞いてみたらどう?(結果教えてね)

今の雑巾洗い専用機が壊れたら司法解剖してみるから、
それまで待ってくれ(笑)
by ryushi7777 | 2009-11-18 20:56 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(2)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777