オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

馬泥棒

徹夜明けの作業がコレ。
e0091220_11321965.jpg
4階建て吹き抜けにある巨大な丸柱6本のクリーニング。

通路幅約50センチで脚立も立てれんし、
当然、足場なんて無い・・・・・・

つか、ここで脚立作業なんて怖すぎるわ!


落下防止対策に助手の手配を頼んでたんやけど、
試行錯誤したらなんとかイケそうなんで、
応援要請はキャンセルすることになり、
ようやく1階まで降りてきて脚立作業に入った時だった。


近くにいた作業員がオイラの脚立にスルスル登っていくではないか!?
普通なら「チョット貸してね!」と一声掛けてくれれば、
「いいよ♪」で気持ち良く済むのに、
あろうことかソイツは黙って他の場所まで【オイラの愛馬】を担いで持っていきやがった!


マジで怒ったぞ!
これで作業はできんわ、オマケに探しに行く手間まで発生するやんか!

客と作業員でごった返す現場だが、
自分の愛用品(道具)はすぐに分かる。

例え何百人の女性が居ようが、スーパーの駐車場に同じ車が何百台停まっていようが、
その中から自分の彼女(愛車)を即座に見分けることが出来るのと同じ事だ。


すぐに【7尺の愛馬】を見つけ、ただ乗りした香具師に抗議したよ。

やんわりと抗議したつもりやったけど、顔が怒ってたんやろな。
寝不足で機嫌悪かったし・・・
相手は真っ青な顔して謝罪してきた。

「アカンちゃ!」と言ってその場を去った・


二昔ほど前は、脚立のことを【馬】と呼んでいた。

「おーい、6尺のウマ持ってきてくれー」とかね。

当時は鉄の丸パイプ製が主流やったけど、アルミの角型が主流になったころから
【ウマ】と呼ばなくなったんやろか?よう分からんが・・・


戦国時代の武将にとって武具・馬具は、自分を護る大事な道具であり、
現代の職人にとっても同じ事が言えると思う。


黙って持っていったら泥棒やぞ!
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/10614493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2009-07-14 12:46 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777