オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

GPS測量の話

測量のネタが出たついでに、もう一つ語ってみようかな。

======これは15年ほど前の話である=======

昔、カーナビが出掛けの頃に【GPS】という言葉をよく聞くようになった。
ご存知のとおりアメリカの軍事衛星のデータを民間利用した便利なシステムなのだが、
当時は共産圏対策のためわざと妨害信号を乗せていて、
そのためカーナビ自体もわざと数十メートルの誤差を生じさせていたそうな。

この頃から測量用のGPS計測器もあって、当時勤めていた会社には3台もあった。
幾らか知らんけど非常に高価だったらしい。

3台もあったのには理由があるのだ。
地図上の座標地を求めるのに【三角測量】というのがあって、
三角形の内角の和が360度という公式から成り立っていて、
コレに高さが加わるとX・Y・Z座標となるわけなのよ。

余談だが、オイラは昔から算数の類いが大の苦手だったんで、
この仕事しててもの凄く苦労したのを覚えてるよ・・・・・・・内容はもう忘れたけど(笑)

で、このGPS測量では国土地理院かどっかから妨害信号解読用の暗号データを貰ってくると、
1ミリ単位の座標値が計算されるという仕組みだった。



さて、現場でのお話に移ろう。
GPS装置を3箇所同時に稼動してデータ収集する必要があるのだが、
データ収集まで数時間も掛かるんで途中のバッテリー交換以外は何にもすることがない
結構楽な仕事なんだけど。

これが山地などで設置する場合はもの凄い重労働だったのである!

なんせ、計測中に飛行機が通過しただけでもデータが狂うという非常にシビアなシロモノなんで、
木の枝などが障害物にならないように伐採道具やら10メートル長の金属製ポール、
それをセットするためのトランシットやらクソ重たいGPS装置を人力で山頂まで運ぶのよ(涙)

広島まで出張に行った時のことだった。
GPS衛生から受信したデータは【メモリーカード】みたいなもので記録するんやけど、
今と違って記録容量がものすごく少ないのよね。

なので、パソコンにデータ移した後は必ずメモリーカードをフォーマットしておかないと、
途中でデータ記録が出来なくなってしまう恐れがあったのだ。



でね、オイラ、データフォーマットするの忘れてね・・・・・・パーにしちゃったの。






山頂での計測データを・・・・・・・・



ムチャクチャ怒られました(シュン)
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/10420415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2009-06-13 00:07 | いろんな仕事 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777