オイラの日記 / 富山の掃除屋さんブログ

benriyane.exblog.jp
ブログトップ

巨大ショッピングセンターが出来るまで 其の3

平成20年9月末頃にもなると毎日行われる職長ミーティングでも、
「今日で全ての作業完了です。長い間ありがとうございました!」と、少し寂しい光景も見始められた。

e0091220_23102554.jpg
毎日500~600人の職人で賑わっていた現場も
一瞬静まりかけたと思ったら、
今度はテナント工事の店装屋さん1000人入場で賑わう。

マジで1000人ですよ!それも毎日。
よくもまぁ、これだけの人数を揃えられるもんやと
本当に感心したよ。

駐車場を埋め尽くす商用車も日本中のナンバーが揃う。

現場では、店装屋さんってひと目で分かるのよね。
何でかっていうと、芸術家風というか建築設計士風というか、
とにかく個性的でお洒落な人が多いのよね。

若い女の子とかも結構いて、
ムサかった現場も随分華やかになってきた。



e0091220_23331059.jpg
内装工事もほぼ仕上がってくると、
ヘルメットと安全帯着用の義務が解除される。

仕上げ材にキズを付けないための対処だが、
これはあくまでも平地での作業者限定で、
相変わらず60cm以上の脚立使用は禁止である。
スーパーゼネコンの安全監理は格段に厳しいのだ。

高さ60cm以上の作業は、【立ち馬】と呼ばれる
4本足の軽足場又は高所作業車の使用となり
当然ヘルメットと安全帯は着用である。

手直しなどで高所作業を使う場合には、
当然床が仕上がってるんで、コンパネで床養生しながらの
大掛かりな作業になってしまう。

で、床を養生するのが大変なんで、
【アップスター】と呼ばれる手動式高所作業車が
追加で導入されたが、これも皆で取り合いになる(笑)

やっとの思いで抑えたアップスターには、
段ボール板に大きく会社名書いてキープしとくのだが、
それでも目を離したスキに取っていかれることもあった(笑)


e0091220_23593323.jpg
この頃にはクリーニングのほうも追い込みが掛かり、
3工区に分かれてた職人達も混成チームになり、協力しあった。

ゼネコン所長の気まぐれか知らんが、

最初は、「サッシは養生取るだけでいいぞ」
次には「やっぱサッシもクリーニングしといてや」
仕舞にゃ、「やっぱガラスもクリーニングしといて」

なんて結局は一通りやることになり、
このおかげで足場に苦労するハメになったわ(^^;;


現場のすぐ隣には、イオンのオープンを追いかけるように、
家電量販店Y電気の新築工事が急ピッチで進んでいた。

続く
[PR]
トラックバックURL : http://benriyane.exblog.jp/tb/10223407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ryushi7777 | 2009-05-12 00:31 | 掃除屋日記 | Trackback | Comments(0)

富山県高岡市で活動する掃除屋の一人親方が綴る思いつき日記です。こんなオイラに仕事を頼んでみたい人は、下記相互リンク内にあるワールドサービスのHPをご覧ください♪


by ryushi7777